inspection & maintenance 車検・整備・点検

乗用車から大型トラック、
大型特殊車両の車検・整備のことなら
私たちにお任せください。

軽自動車、普通車、大型車、大型特殊車両に至るまで、自家用・事業用に関わらず幅広く車検・点検・整備を行っています。
車検は、指定工場として九州運輸局より指定を受けており、工場内に専用の検査ラインを有しています。
経験豊かなベテランスタッフが運輸・建設・環境整備などさまざまな産業分野で活躍する大型車輌のユーザー様の厳しい要望にお応えし、その技術力が高く評価されています。

車検業務

九州運輸局指定 民間車検工場(福-718)
軽自動車、普通自動車(乗用)、普通自動車(大、中、小)、小型二輪自動車、小型四輪自動車、大型特殊自動車の車検を弊社にて受けることができます。

点検業務

特定自主検査

九州運輸局指定 民間車検工場(福-718)
軽自動車、普通自動車(乗用)、普通自動車(大、中、小)、小型二輪自動車、小型四輪自動車、大型特殊自動車の車検を弊社にて受けることができます。

移動式クレーン定期検査

車両積載型小型クレーン、ラフテレーンクレーン、オールテレーンクレーン、クローラークレーンなどの定期検査を行います。

修理業務

上記種類の車両の修理を行っております。出張修理用サービスカー、パワーゲート付きクレーン作業者、キャリアカーなどを保有し、不意の故障や事故に対応できます。

help

定期自主検査とは

移動式クレーンを使用する事業者は、移動式クレーンの災害防止を目的として、労働安全衛生法第45条及びクルーン等安全規則第79条により、定期自主検査の実施とその結果を記録し3年間の保存が義務付けられています。違反した場合は50万円以下の罰金に処かせられます。

異常があったら

事業者は定期自主検査の結果、異常がみとめられたときは直ちに補修しなければなりません(クレーン等安全規則39条)。
補修が必要とする場合は、『北商 株式会社』にご用命ください。

建機工認定移動式クレーン定期自主検査制度

建機工認定移動式クレーン定期自主検査制度は、移動式クレーン定期自主検査を移動式クレーンを使用する事業者に代わって【建機工認定検査者】が実施する制度です。
【建機工認定検査者】が検査を実施することにより、機械の不具合や故障の兆候を早期に発見し、災害を未然に防止すること、検査水準を正しく維持し検査の質的向上を図ることを目的としています。

移動式クレーンの定期自主検査は、プロ【建機工認定検査者】にお任せください。

移動式クレーンの定期自主検査対象機械は、「移動式クレーン」、「クレーン機能を備えた車両系建設機械」及び「バケットに替えてマグネットを装着した油圧ショベル」です。
定期自主検査は、豊富な経験・知識を持った【建機工認定検査者】にご用命下さい。
【建機工認定検査者】が、検査を終了した機械には、建機工発行の検査【済】ステッカーを貼付いたします。

お客様のご要望にお応えし 土曜日も営業しております

車検・クレーン検査、喜んでお受けいたします。
※部品の関係上、要予約となっております。

電話でお問い合わせ
TEL 093-791-4511
メールでお問い合わせ